2013年07月21日

兵庫県川西市で庭づくり

今回はいつもお世話になっている[民家計画]さんからの庭づくりです。

昨日今日の2日で施主様、なづな工房 嶋崎氏、松匠3名の共同作業で完成です。


image-20130721190922.png




image-20130721191117.png



image-20130721191252.png




普通の平屋住宅をここまでモダンに再生させて、そして庭までもプロデュースしてしまう
チーム [民家計画]! いいね!





posted by 親方 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

兵庫県小野市で庭づくり 完結

造園工事はひと通り完了しました。

あとは施主様に植木の説明と水やりの仕方を説明して、引き渡しとなります。

その前に7月12日、13日にオープンハウスをされる予定なので興味のある方はこちらまで。。

http://www.naduna.net/news/2013/06/vector.html


IMG_0184.JPG        

IMG_3640.JPG

IMG_0176.JPG

posted by 親方 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

兵庫県小野市で庭づくり ほぼ完成

この暑さの中での植栽はいかに、掘り取りから植え付けまでを短時間で出来るかがカギになります。
掘り上げてすぐに、根鉢までどっぷりと水の中に沈め充分水を吸わせます。次にグリンナーという蒸散防止剤を葉面に散布し、運搬、植え付けまでの間、水分の蒸散を抑えます。

また、トラックにて運搬の際には日よけの寒冷紗で樹を保護し現場へ搬送。
現場に着くと、一服もなしに早速植えつけ、水をたっぷりとやり完了です。






image-20130710132330.png



この度、株式会社 松匠のFacebookを初めましたので
宜しくお願い致します 。


posted by 親方 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

兵庫県小野市で庭づくり 2日目

天候に恵まれ、高木等の植栽は2日とも曇り空で大助かりでした。

夏の施工はかなり気を使います。かんかん照りの日は見ている間に葉がパリパリになり見ていられないくらいです。

前回のブログで
[これええんちゃうのん]と言ったあのハナミズキが見事に収まり、思わず嶋崎さんと
どや顔。。。。気持ちのいい瞬間でした。


image-20130706195926.png


また、庭木の収まりは家の計画の段階から部屋内からどう見えるをイメージする事がとても大事だと実感した。

普通、建築と庭は別々の発注であり、ほとんど協議されていない様に思うのですが、いかがでしょうか?


image-20130706201111.png

このモミジは 株式会社 花宇 の清順くんの畑で出会ったモミジです。


あと少しで完成です。

posted by 親方 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

兵庫県小野市で庭づくり 準備編

さあ、明日から現地入りします。予定では4、5日で完成予定です。

先日の材料探しでほぼ決まっていたのですが、二人とも腑に落ちない箇所があり石材選びと合わせて走り回った。

まず、自然石の調達です。
先月完成した[かやぶきの庭]で使用した石と同じものを使用します。

地元の造園資材を扱っている[細河園芸センター]での写真ですが、ダンプしている石は紫雲石といい、伊勢からの配達だそうです。

運転手のおじさんに話しを聞くともうこんな自然石を扱う卸業者がドンドン廃業しており、ワシの仕事ももう終わりかなとこぼしていました。

石が無くなるなんて造園に携わっている私からすれば、とんでもない話で造園は[空間][背景]
[樹木][景石]がとても大事な素材です。
また、いい石を在庫で抱えると場所的にも大きなリスクになるので今後の大きな課題ですね。


image-20130704193420.png


次に腑に落ちない箇所の樹木を探しに、伊丹にある[中島農園]さん行き探したものの腑に落ちず

今度は地元でお世話になっている[森芳楽園]さんの山の畑まで足を運び、まあこんな感じかなと選んだものの少し引っかかったまま、山をあとに。

ダメもとで森芳楽園さんの事務所のそばの畑を覗くと、[これ、ええんちゃうのん]と二人が発した。
初めからここへくれば良かったのに。。。。。


image-20130704194720.png

とりあえず、ひと安心。
posted by 親方 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

兵庫県小野市で庭づくり 準備始まる

今日はなづな工房の嶋崎氏と現地打ち合わせをし,建物や植栽地のスケール感を確認後、
イメージをもったまま植木の卸し業者の元へ。。。

いつもであればイメージにあったものが見つかるまで4、5カ所周るのですが上手く2人の意見といいものに出会い3カ所で済んだ。


image-20130627202533.png



image-20130627202816.png

いつもお世話になっている若生商店 三田農場の若生さんです。

一般の方でも入場可能なので、庭木を探している方はいかれてはどうでしょうか?



posted by 親方 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

アラカシの低生垣


image-20130625222040.png



image-20130625222058.png





満願寺さんのサツキと低生垣の剪定

アラカシは両手鋏、サツキは広範囲のためバリカンを使用



アラカシの低生垣は植栽してから20年近く経ちますが形はほとんど変わっていません。

このように昔からある庭木は長い歴史の中でほぼ同じ大きさ、形を維持出来るものが選択されています。

また、近年の庭木としてシマトネリコやゴールドクレストなどを植栽されていますが、観賞できるのは10年くらいであとは目ざわりになってきたり、成長が早いため倒壊や周囲の構造物を押し上げるといった例が多く見られます。

やはり庭づくりの際に10年を一つの区切りとして模様替えも考慮しておく必要があると思います。












posted by 親方 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

澄みきった空の下

今日は和歌山市での仕事です。

朝6:30に出発、阪神高速に乗り和歌山へ
途中、景色を見ていると大阪市内の空気が澄みきって、遠くの山や海までくっきり見えた。
日頃は中国からの空気などでよどんでいるが台風の影響で風向きが変わったようだ。
昔はこの空気感が当たり前だったのだろう。
久しぶりの空気感に嬉しくなった。

今日の松は出雲松であり、私たちでもなかなかお目にかかれない逸品だ。


image-20130612194221.png


image-20130612194336.png



image-20130612194350.png





剪定前の状態はさすがに見づらいが、夏服に衣替えするように涼しくなっていく。
やがて9月ごろには新芽が出揃い、冬服をまとっていく。
こんな移ろいを楽しむ施主様も私のまわりには少なくありません。

明日は明石市に行ってきます。

posted by 親方 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

万博日本庭園 みどり摘説明会


万博日本庭園 松のみどり摘み説明会が行われました。
一通り説明をし、ハサミを持ってもらい実践です。



image-20130603180832.png




image-20130603181233.png


image-20130603181247.png
posted by 親方 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

重森三玲作 芦田邸

尼崎の芦田邸 今日で4日目 完了です。
淡路島産のクロマツ10本
いつ見ても、いい木はいいですね。


image-20130531152130.png
posted by 親方 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

いいロケーションで庭づくり お披露目会

先日完成したあかい工房さんの庭のお披露目会を6月2日14時に開催致します。

なづな工房の嶋崎氏が設計、自ら造園職人もこなした彼の庭への熱い思いを感じ取って下さい。

それでは、建築家の庭をご堪能下さい。


なづな工房のFacebookより

なづな工房 一級建築士事務所
あかい工房 かやぶき事務所に施工中の
かやぶきの庭 「茅之露地」
この度、お披露目見学会を開催する運びとなりました。

茶室でのお茶会
木童のミニショップ
軽食サービスも企画中です.
 
 6月2日(日) 2:00pm〜
あかい工房 かやぶき事務所
神戸市北区長尾町上津4217

当日は限定で 2009年上津台に竣工した
住宅の内覧会も開催いたします。
現在お住まいであるため
住宅計画をお考えの方のみ見学が可能です。
ご希望の方は、なづな工房までお問い合わせください。

参加ご希望の方は 
下記までお申し込みください。
なづな工房一級建築士事務所 info@naduna.net

   


posted by 親方 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

2013年05月20日

いいロケーションで庭づくり3

今日で土日を挟んで6日目です。
嶋崎氏と選んだ木々がどんどん庭に溶け込んでいく、とても心地良い瞬間だった。


image-20130520201912.png




image-20130520202000.png
posted by 親方 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

いいロケーションの庭づくり2



藁ぶきの中からの景色

image-20130514200957.png


image-20130514201025.png



かやぶきの事務所と自宅との間に芝生の庭があり、広い空間が広がっていた。

事務所を出た所に結界の意味を持たせた庭の配置が考えられている。

今日までの進捗状況。。


image-20130515192047.png

posted by 親方 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

いいロケーションで庭づくり

今日から、なづな工房 嶋崎氏設計の造園工事です。いつもなら新築工事に伴う造園工事ですが、今回は造園工事単独となり、建築家から見た庭がどう表現されるのか、勉強させて頂きます。
計画、準備の段階からイメージを共有し、石材、樹木の選定にも十分時間をかけ吟味した。


まずは庭の一部解体から工事は始まった。

image-20130513192620.png


image-20130513193410.png

posted by 親方 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

松匠の松 成長の記録

二年前に自宅前の庭を改修した際にお気に入りの松を植栽しました。
2011/2に植付け、その6月、翌年6月とみどり摘みをし、今に至っています。

2年のみどり摘みで枝数は確実に増え、樹形も整って来ました。

よーく見比べて下さい。


松匠の松植付当初.jpg松匠の松2年後.jpg

posted by 親方 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

松のもみ上げ剪定講習会のお知らせ

久しぶりのブログ更新となりますが、宜しくお願い致します。

これまで松のみどり摘み講習会は継続的に開催しておりましたが
一般、造園業者、シルバー人材等の方々より
最も一般的な剪定方法である“松のもみ上げ剪定”の講習会を開いてほしいという
ご要望、お問い合わせが多数ありましたので、今回の講習会開催となりました。

少しでも皆さんに、松に対しての苦手意識を変えて頂き、技術的なstep upの
お手伝いができれば幸いです。


                 記


日時    平成25年3月10日 (日曜日)

        午前10:00〜午後3:00 (予定)


場所    大阪府池田市古江町  松匠 農園  (詳しくはお申込みの際に)


参加料   6000円 (当日、お支払下さい)


内容     1.一般的な松の手入れ“松のもみ上げ剪定”の指導

        2.前年度、みどり摘みをした松の透かし方の指導

 
 

ご用意いただくもの  剪定鋏・植木鋏(お持ちでなければ各自ご購入ください)
              
               
 
 
              袖口等に松ヤニが付着しますのでテッコをご用意ください。
             
              
              
              
              

        
              

            お問い合わせ、お申込みはお電話 072-753-7580

            メールは、こちらへどうぞ  info@e-matsusho.co.jp

           

posted by 親方 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

第2回庭木の剪定講習会

酷暑の中、皆さまお変りはございませんでしょうか?

私共、松匠のスタッフもこの暑さのなか、がんばっております。

さて、昨年に引き続き、庭木の剪定講習会を開催いたします。

私たちの剪定技術を一般の方にお伝えしようという企画です。

どうぞご参加ください。

日時    平成23年8月28日 (日曜日)

        午前10:00〜午後3:00 (予定)

場所    大阪府池田市古江町  松匠 農園  (詳しくはお申込みの際に)

参加料   6000円 (当日、お支払下さい)

内容     刈り込み剪定と枝抜き剪定(透かし剪定)においてのワンポイントアドバイス

ご用意いただくもの  剪定鋏(お持ちでなければ各自ご購入ください)
              両手鋏(もしなければお貸ししますが数に限りがあります)
              長袖、長ズボン、タオル、麦わら帽子等、水筒
              蚊取り線香等の虫よけ
              日焼け止めクリーム(お肌のケアーをお忘れなく)

        
              

            お問い合わせ、お申込みはお電話 072-753-7580

            メールは、こちらへどうぞ  info@e-matsusho.co.jp

           ※もうすでにご予約を頂いている方がいらっしゃいますので
            参加人数が確定しだい、締め切らせて頂く場合がございます。
posted by 親方 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

梅雨の晴れ間の実演講習会

昨日、松のみどり摘み実演講習会を開催しました。

DSC02194.JPG


今回はお二人が参加されました。

まず昨年に続き、今年も参加された会社員の方です。
ひと通り説明を終えて
最初は考えながら、徐々に思い出したように、自然に手が動き出しました。
体が覚えているのですね。

「去年と今年では松の感じが違うのですが?」
それは去年は5月下旬、今年は6月26日、作業日が一カ月も違うのですね。
この一カ月で松の枝は成長し、太くなるのです。よって切る枝も微妙に変わってきます。
このように同じ松で講習をすることで、松の変化を感じ取ることができます。

今後の課題は枝の抜き方と仕上がりをきれいに見せる方法をマスターすることですね。

※みどり摘みの適期は5月初旬から6月25日までと思われます。
7月を過ぎて行いますと、松の生育に影響が出る可能性があります。

次に造園業を営まれている方です。
もともと京都の植木屋さんで修業をされ、今では大阪でお仕事をされています。
松の剪定は京都風の自然な感じで風にそよぐといった仕上げです。
しかし、大阪のお客様は盆栽風の仕上げを好まれる方が多いのです。
この方はお客様のニーズにあった仕事を提供しようという思いで参加されました。
頭が下がる思いです。

今後の課題は速さと正確さかと思います。
プロですから速さは要求されます。正確に透かせているか、きれいに見えるかですね。
お互い向上しましょう。

皆さんに伝えることで自分自身も勉強することができました。
ありがとうございました。

次回は庭木の実演講習会を8月下旬に予定しています。

自宅の庭木を剪定したい、造園業の若い職人の方、植木の剪定に興味がある方
主婦の方、どなたでもご参加ください。お待ちしております。

また、ブログ、HPでお知らせ致します。


                                株式会社 松匠   岩崎 勇


posted by 親方 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

松のみどり摘み講習会順延のおしらせ

松のみどり摘み実演講習会の順延のおしらせ

6月12日は天候が定まらないため順延します。

次回は6月26日(日曜日)に変更しました。



この機会にぜひ、ご参加してください。

お問い合わせは   メール   info@e-matsusho.co.jp

             電話     072-753-7580




先日、万博日本庭園にて、造園技術者の方を対象に松のみどり摘みの勉強会を行いました。
日頃は現場管理やバラを管理されている方、各方面で活躍されている方々です。

最近では松の剪定はほとんどないという皆さんに
松のみどり摘みの技術を習得して頂こうという企画です。



いよいよ万博日本庭園での松のみどり摘みも明日で最終日です。


次回は第2回松のみどり摘み実演講習会の報告をさせて頂きます。


                         株式会社 松匠  岩崎

posted by 親方 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

ユキヤナギの剪定

いつもありがとうございます。
今日はユキヤナギの剪定のお話をしましょう。

ユキヤナギの剪定といえば、両手鋏、トリマー(エンジン バリカン)で切り揃えるのが常識です。

今回の場合、建物との景観をとても大事にされているお客様なので
多少手間がかかりますが、透かし剪定にしてみました。

いかがでしょう?
初夏の風にやさしくそよいでいますね。

少しだけ、手間をかけるだけで、大きく見え方が変わってきます。
植物を見て、ほっとするひとときを演出するのも、造園の大事な仕事のような気がします。




松匠 岩嵜 勇


posted by 親方 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

第2回松のみどり摘み実演講習会

いつもありがとうございます。

そろそろ梅雨の季節がやってきましたね。

梅雨といえば、松のみどり摘みの適期です。

そこで

昨年より始めました「松のみどり摘み実演講習会」が好評につき

今年も、第2回松のみどり摘み実演講習会 を企画いたしました。


お庭に松のある方、みどり摘みに興味のある方、是非、ご参加ください。


また、昨年参加された方は、自分が実際にハサミを入れた松が

どのようになったか、ご確認ください。


お問い合わせは 
       
        電話    072-753-7580
    メール   
yb5rd6@bma.biglobe.ne.jp

                
                          お気軽にご連絡ください。


--------------------------------------------------------------------------------

日時   平成23年6月12日(日曜日)


午前10:00〜午後4:00(予定)


場所   大阪府池田市古江町  松匠 農園 (詳しくはお申し込みの際に)


参加料   8000円 (当日、お支払い下さい)


お申し込みはメールにてお願い致します。


こちらからどうぞ  yb5rd6@bma.biglobe.ne.jp


※参加人数が確定しだい、締め切らせて頂く場合がございます。


株式会社 松匠  岩崎

posted by 親方 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

松匠の庭 改造中その3

おまたせしました。 和風カフェ matsushow が プレオープン??

いよいよ、松匠の庭が完成です。


ViP_8001s-.jpg               ViP_8003s-.jpg

自宅の座敷からの眺め                南側から高さ4mからの構図

この庭の導線を考えるにあたって、普通であれば、門を入って玄関までと導くのですが
あえて、門を入ってすぐのところからの出入りを可能にしました。

これによって、お客様も住む側も、庭をあらゆる角度から楽しめるのです。

座敷からの眺めで、非常に近い位置にモミジを配し、
その先に雪見灯ろうを据えることで遠近感を感じて頂けるように工夫をしています。

ViP_8008s-.jpg

松と灯ろう

この灯ろうには、「天保十五年辰七月」と記されており、これが本物なら、
西暦1844年ですから167年前に造られたものとなります。

このように時代を取り入れることで、庭に風情、重みをもたらしてくれるのが
日本庭園の醍醐味ではないでしょうか。


株式会社 松匠  岩崎


posted by 親方 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

松匠の庭 改造中その2

いつもありがとうございます。
松匠の庭の途中経過を報告します。

下の写真は50年前、私の祖父が淡路島の海岸沿いの山で、仕入れた松です。
ちょうど崖から這うように垂れ下がり、幹の曲がりも絶品です。
このように実際に自然の厳しい環境で育った松や石といった素材を使うことで、
日本庭園は自然をよりリアルに表現することができるのです。

P1050361.JPG

次に延段と立ちつくばいです。
石の選別から据付まで、何度も視点を変え慎重に据付ます。
やり変えはできないのですから。。

DSC00931.JPGDSC00933.JPG

さあ、次回はいよいよ終盤です。

もうすぐ春ですね、今、サンシュの黄色い花が、とてもきれいです。
外に出て、探してみてください。

株式会社 松匠  岩崎
posted by 親方 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

松匠の庭 改造中その1

最近は仕事の合間を使って、自宅前の小さな庭を改造しています。

私が小3、妹が幼稚園、兄弟で撮った40年前の写真です。
万博の年ですから、植木が良く売れた時代なので、所狭しと植木が植わっています。
写真で二人が座っている石、後ろの雪見灯ろう、クロマツは今回配置換えして使っています。


IMG.jpg

今回の庭は 基本的には、4本あったクロマツを2本を入れ替え、残り2本を配置換え、石は配置換えして

クロマツと石を使ったシンプルな庭にと考えています。

DSC00713.JPG DSC00726.JPG DSC00812.JPG

やはり松匠の庭には、私好みの出雲地方の松を主に据えました。

続きは次回報告します。ありがとうございました。



株式会社 松匠  岩崎
posted by 親方 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

絹延橋うどん研究所 オープン

先日、2月20日 絹延橋うどん研究所のプレオープンにお伺いしました。

今回は冷のぶっかけとおかず3品をいただきました。(食べかけの写真ですみません)

うどん好きの私にとって、☆☆☆で非常に満足のいくお味でした。。ごちそうさまでした。

P1050373.JPG

お庭の方は2月14日に降った大雪(こちらのレベルでは)のため、

枝が折れたり、葉っぱが凍傷になったりと

少し痛んでしまいましたが、それくらいでうちの植木はへこたれないのです。

もうすぐ春が来ます、つぼみも人知れず、動いている様です。

今回は冬の施工のため、草花はあまり添えていません。

あたたかくなったら好きなお花を楽しんでください。

    DSC00717.JPG            P1050369.JPG


 絹延橋うどん研究所 オープン
       
2011年3月3日(木)11:30〜14:00

       営業日・時間

        水・木    11:30〜14:00
        金・土・日   11:30〜14:00   17:30〜20:00
        月・火    定休日

       場所    川西市小戸3丁目23−6

       電話    072-767-7639
       
            こちらへ   http://udonyanonikai.jugem.jp

    お近くの方は是非、行ってみてください。☆☆☆星3つですから。。
       
   株式会社 松匠   岩崎 勇
posted by 親方 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

このお店って、うどん屋さん?

いつもありがとうございます。 
本日、2月7日をもちまして、50歳となりました。。。。


今回の庭づくりは、なづな工房一級建築士事務所の嶋崎氏から依頼をいただきました。

施主様は 「絹延橋うどん研究所」 という うどん屋さんです。

ご覧の通り、みなさんがイメージするうどん屋さんとは少し違うと思います。




おしゃれなcafeといったところでしょうか。。。

右のサインを見ると、UDON KITCHEN & CAFE とあります。

ご主人もいろいろと面白い企画をお持ちなので、これからが楽しみです。



いつもながら、嶋崎氏とのコラボは楽しくもあり、緊張もしながらの庭づくりです。
建物への思い、クライアントへの思い、建物を活かす庭づくりへの思い、
いつも、勉強になります。。。。

お庭はこんな感じに仕上がってきました。






お店の開店は3月の初旬になると聞いています。
場所は能勢電車 絹延橋駅 下車 徒歩1分のところにあります。

詳細が決まりしだい、報告します。

嶋崎氏へのリンクです。

   なづな工房一級建築士事務所
       http://www.naduna.net
   兵庫県川西市の建築設計事務所 嶋崎真二 NADUNA FACTORY Architecture and Design


youtubeでつくってみました。。。





株式会社 松匠   岩崎 勇



 

posted by 親方 at 16:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

どうもお久しぶりです。

みなさんお久しぶりです。 また、今後ともよろしくお願い致します。

昨年から剪定の講習会を2回させていただきました。
これは一般の方にプロの剪定のコツをお伝えし、自分の庭を楽しみながら植物とふれあってほしいという思いから
スタートしています。

今年も剪定講習会を開催する予定ですが、なかなか参加できないという方もいるようなので
これからは少しづつですが写真や動画で発信しようと思っています。

まずは一番簡単な・・・キンモクセイの剪定の簡単な動画をつくりました。

      


これからもマイペースで、ブログのアップをしていきますので
お付き合いの程、宜しくお願い致します。


株式会社 松匠   岩崎 勇
posted by 親方 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

庭木の剪定実演講習会

いつも見に来て下さり、ありがとうございます。

今日は松のみどり摘みに続いて、庭木の剪定実演講習会のお知らせです。

先日、次のようなお問い合わせがありました。

 昨年、松匠が庭づくりでお世話になったお客様からのメールです。
「松匠さん、今度の庭木の剪定講習会のときは、日程があえば、参加します。」

 尼崎市にお住まいの方からのお電話です。
「庭木の剪定講習会に参加したいんですが、いつ頃ありますか?」


実は「7月って、まだまだ時間あるよな」とのんきに構えていました。失礼しました。。
早速、日程を決めましたので、ご報告します。


日時    平成22年7月25日 (日曜日)

        午前10:00〜午後3:00 (予定)

場所    大阪府池田市古江町  松匠 農園  (詳しくはお申込みの際に)

参加料   6000円 (当日、お支払下さい)

内容     刈り込み剪定と枝抜き剪定(透かし剪定)においてのワンポイントアドバイス

ご用意いただくもの 剪定鋏(お持ちでなければ各自ご購入ください)
              両手鋏(もしなければお貸ししますが数に限りがあります)
              長袖、長ズボン、タオル、麦わら帽子等、水筒
              蚊取り線香等の虫よけ
              日焼け止めクリーム(お肌のケアーをお忘れなく)

        
              

            お問い合わせ、お申込みはお電話 072-753-7580

            メールは、こちらへどうぞ  yb5rd6@bma.biglobe.ne.jp


           ※参加人数が確定しだい、締め切らせて頂く場合がございます。


お客様を幸せにする情熱の造園士

posted by 親方 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

松のみどり摘み実演講習会報告

いつもありがとうございます。

先日、5/29(土)晴天のなか、 松のみどり摘み実演講習会を行いました。
参加頂いたみなさん、楽しい時間をありがとうございました。

今回、みどり摘みをした松は、みどり摘みを始めて1,2年目の木で、
比較的、芽数が少なく作業のしやすい木を選びました。

さあ、はじめましょう。。

まず、松の手入れ方法の種類の説明..みどり摘みをする意味..
そして、本には書いていないプロのワンポイントアドバイスを交えて進めていきます。

それでは、実際に芽切りハサミを持ってもらい、どの枝を切るのか?
なぜその枝を切るのか?、手の持っていき方などを説明して
作業にかかります。

最初はどの枝を切るのか、どうしようかと、悩んで手を止められていましたが
そのうち、要領をつかまれ、だんだん、口数も少なくなり、
自分の世界に入り込んでいきます。

それだけ、集中するということですね。


SN3N0041s-.jpg


常々、私は植木の剪定はリズムが必要だと思っています。
リズミカルに手とハサミ、そして体を動かすことにより
早く、きれいに仕上がっていきます。
また、楽しみながらするのが一番ですね。


今回参加された方は、何らかの気付き(こうすればきれいに仕上がるんや)や多少の自信を
持って頂けたと思います。


私たちも初めての講習会で改めて勉強になったことも多くあり、

楽しく皆さんと交流できたことに、

感謝です。


また、今度は庭木の剪定(枝の抜き方など)の講習会も
7月ごろ、企画しようと思っていますので、参加できる方は
是非、参加してください。


お客様を幸せにする情熱の造園士
posted by 親方 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

松のみどり摘み、一年後

いつもありがとうございます。

情熱の造園士  岩崎 勇です。 (こんなキャッチフレーズはどうでしょう?)


さて、今日は昨年、自身のブログで「松のみどり摘み解禁」で紹介した、

作庭家の重森三玲先生の作品で尼崎市のA邸の一年後です。


昨年から松匠がA様から引き継ぎ、松のみどり摘みをさせていただいています。

昨年は松が痛まない程度に不要な枝を透かしたのですが、透かしきれていない分を

今年も引き続き、透かしていきました。

これで来年は安定してくると思われます。

P1030331s-.jpgP1050105s-.jpgP1050122s-.jpg

   昨年 作業前             今年 作業前          今年 作業後




P1050107s-.jpgP1050115s-.jpg

   今年 作業前           今年 作業後


この庭に来ると、昨年と同様、気持ちが引き締まります。

また、ここに植えられている松のほとんどが、淡路島の海岸沿いの荒々しい環境で

育った松なので、私たちプロが見ても、「ええなあ。。ほしいなあ。。」と思うくらいの逸品です。


A様、ありがとうございました。来年も松匠をどうかよろしくお願いいたします。

また、いつもブログを見に来て下さっている皆様、ありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いいたします。



お客様を幸せにする情熱の造園士  岩崎 勇

posted by 親方 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

満願寺さんの石階段、完成

いつも見に来て下さり、ありがとうございます。

やっと、満願寺さんの長い階段が完成しました。
施工日数で20日間、施工延長65m、階段数84段の工事でした。

スタッフのみんな、ご苦労様でした。

P1050100s-.jpgP1050097s-.jpgP1050084s-.jpgP1050082s-.jpg


工事の着手前、ご本尊、御大師様(弘法大師)、他すべての神様に

今回の工事の安全といい風景が作れますようにと、お祈りをしました。


今日、おかげさまで、無事、無事故でお寺らしいいい風景が作れましたことの

お礼をさせていただきました。

ありがとうございました。


ちょっと、深イイ話をさせていただきます。


P1050090s-.jpg

写真のお大師さまは、もともと、ここから少し離れた奥の院におられました。
そして院主様から、このお大師さまを本堂の横に移設する工事をいただいたのです。


奥の院では、下の駐車場から階段で30mくらい登り2mの石垣の上に立っておられました。

一日目はまず、毛布等を巻き養生し、木で枠を作り、頑丈に梱包します。


二日目、階段をキャタピラーのついたレッカー車で登り、本体と石垣を切り離す作業です。
この作業がかなり時間がかかり、吊り降ろしたのが、夕方の4時ごろでした。


いつもなら、ここでもう、明日にしよう。。というところでしたが、
何故か、みんなが「遅なっても運んでまおうや」というので
それから運搬車に乗せて、ゆっくりと階段をおろしていきました。
そして、トラックに積み込み、本堂の横に寝かすように降ろしました。

時間は夜の7時くらいでしたか。


次の日の朝、あの阪神大震災が起こったのです。

お大師さまは、自らの足で本堂の横まで歩いてこられたような、気がします。




さあ、いよいよ、松のみどり摘みがはじまります。

万博日本庭園は6月7日から、作業に入ります。

よかったら、遊びに来て下さい。


お客様を幸せにする笑顔の庭師


posted by 親方 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

松のみどり摘み実演講習会開催

いつも見に来て下さり、心から感謝いたします。

今日は私が以前から、温めていた思いを、アウトプットしてみようと、思います。

私が見る限り、「お庭のお手入れ」で困っている方が、
結構いはるんやないかと思っていたのです。

たとえば、昭和の時代、親世代が家を建て、庭を作り、たくさんの植木を植える。
これが、ひとつのブームみたいな時代ですね。

その家を子世代が受け継ぎます。
すると、庭に管理費もバカになりません。
そして、誰に頼んだらいいのか分からない。

そうそうと、うなづいている人が、目に浮かぶようです。

本来の庭の意味は、庭をみて日々のストレスを解消、ゆったりとした時間を楽しむ、
四季の移ろいを楽しみ、自然を感じ、家族が会話をし、人を癒してくれる存在だと
思うのです。


しかし、今の状態では、ただの、「やっかいもの」なのです。


そこで、庭師として、お役に立てること、アドバイスできること
はないんだろうか?、といろいろと、考えました。

お庭を手入れすること、これは当たり前なのです。


それは、私の持っている、「プロとしての技術」を一般の方にお伝えすることなのです。


自分でやってみることで、植物やお庭に対して、新しい発見や感動、
愛情が自分の内側から、湧いてくるかもしれませんね。。


これからの時代、「自分の庭は自分でやりましょうよ」ということが、キーワードなりますね。

自分で出来ることは自分で、手に負えないことは
庭師にお願いすれば、いいんじゃないでしょうか?


その第一回目として

      松のみどり摘み実演講習会      を企画しました。


お庭に松のある方、みどり摘みってどうやってするんやろう?と
興味がある方、ぜひ参加してみてください。

このような機会は、あまりないのです。
そして、みどり摘みの時期は、一年の内、この一か月あまりに限られます。

また、困っているお知り合いの方にも、知らせてあげて下さいね。



P1040805s-.jpgP1040881s-.jpg 
みどり摘み 作業前            作業後



 
日時    平成22年5月29日 (土曜日)

        午前10:00〜午後4:00 (予定)

場所    大阪府池田市古江町  松匠 農園  (詳しくはお申込みの際に)

参加料   3000円 (当日、お支払下さい)

     お申込みはメールにて、こちらへどうぞ
      
            yb5rd6@bma.biglobe.ne.jp


※参加人数が確定しだい、締め切らせて頂く場合がございます。


今後、庭木の剪定講習会も企画、提案させて頂きますので
楽しみにしてください。

また、こんな講習会をしてほしい、などのご要望があれば
私の出来る範囲のことなら、させていただきます。

今後とも、よろしくお願いいたします。


        お客様を幸せにする笑顔の庭師
posted by 親方 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

緑があるだけで、潤います。

いつもありがとうございます。

午前中に仕上げてきた、植栽のお話です。

今日は豊中市のN様にお伺いしました。
ありがとうございました。

建物の仕上げがコンクリートの打放し仕上げになっており
植栽はまだ、されていませんでした。

打合せでは、シマトネリコ、オリーブ、アジサイアナベルなど、平地には芝生のご希望でした。
あとの空間は自分達でお花を楽しみながら、植えられるそうです。

お花の話で、白をベースにイメージされていて、なかなか渋く納まりそうだなと、感心しました。

これまで、リビングやキッチンから、帰宅するとすぐに無機質な風景が目に入っていましたが
生活に緑を取り入れることで、ゆとり、潤い、楽しみなどを得ることができると思います。

P1040892s-.jpg


少しでも、幸せのお手伝いができたでしょうか?

これからもそんなお手伝いをしていきたいものですね。。




川西市の満願寺さんの石階段の進捗状況です。

P1040891s-.jpg

まだまだ、先は長いです。



お客様を幸せにする笑顔の庭師
posted by 親方 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

松匠に新しい風

いつも見にきて下さり、ありがとうございます。

今週から、川西市の満願寺さんでお世話になっています。

仕事の内容ですが

本堂西側から霊園に向かう山道があります。
ここは整備されておらず、あまり利用されていませんでした。

お墓参りの方が利用できるようにと
院主様からお話がありました。

ありがとうございます。

P1040630s-.jpgP1040884s-.jpg

     作業前               作業状況        霊園から本堂西側を見下ろす


まず、枯木、倒木の撤去、続いて、ミニユンボで通路を掘削しながら
通路巾を確保しながら、根等の除去を行いました。
それと並行して、石の運搬、石積みと作業を進めていきます。

また、状況は報告します。




 昨日から、松匠に新しい風が入ってきました。

これからの松匠にどんな松風が吹くか、
とても楽しみです。

今いるスタッフ同様、大切な家族が増えたことに
感謝します。



お客様を幸せにする笑顔の庭師

posted by 親方 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

植物にとって春が一番いい時期

いつもありがとうございます。

今日は、先週施工した、箕面市Y様のお庭のご紹介です。

 HPからのお客様です。昨年の9月ごろのお問い合わせいただきました。
その時点では、建築が施工中でしたので
「植物にとって春が一番いい時期なので、それくらいに施工されてはどうでしょう」
とアドバイスをさせていただきました。

そして、春です。

3月に打ち合わせに伺いました。
まず建築に伴い、市の指導によって、ソヨゴ、ヒラドツツジ、サツキなどが植栽されていました。
そして、予算にあわせて、既存の植木を使い、玄関まわり、お隣との目かくし、砂場を
考えてほしいというご希望でしたので、後日イメージスケッチにて説明させていただきました。


P1040722s-.jpgP1040838s-.jpg

玄関まわり  お客様のご希望により、シダレザクラを植えました。
         少ないですけど、お花見は出来そう。。


P1040721s-.jpgP1040833s-.jpg

お隣との目かくし  シマトネリコ、ジューンベリー、シラカシなど

P1040837s-.jpg

リビング前  山取りのおもしろいヤマモミジを提案させていただきました。
         ちょっと変わっていて、いいでしょう。春の芽出しを楽しみにされていました。

庭づくりは、一度で完成させることに、越したことはないのですが
様子を伺いながら、ポイント、ポイントを押さえ、その過程を楽しむことも
庭づくりのひとつのではないでしょうか?。。


また機会があれば、他のスペースも充実させたいものですね。。


ありがとうございました。


                      お客様を幸せにする笑顔の庭師
posted by 親方 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

南国風な植栽

いつもありがとうございます。

今日は和泉市のN邸でのお仕事です。

今日の施主様は、お庭を南国風に仕上げたい。

そしてもう一つ、お庭で子供が遊べるように、出来るだけ広く。

という、ご希望でした。


P1040868s-.jpgP1040869s-.jpg


ここに植えられている、フェニックスロベリニーとハイビスカスは
施主様が手配されました。

その他に、ブルーアイス、オリーブ、ニューサイラン、花もの、北側にはハイノキ、
シマトネリコなどを植栽しました。

材料などの選択は打ち合わせの上、決定し、あとの配置、低木等の選択は
松匠さんでお願いしますとのことでした。

お庭が完成して、施主様から
「予想以上の仕上がりに満足しています。」

うれしいひと言がいただけました。

喜んでいただけて、何よりです。

ありがとうございました。


 
                お客様を幸せにする笑顔の庭師
posted by 親方 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

お寺で石積み

 いつも見に来て下さり、ありがとうございます。

今日はいつもお世話になっている川西市の満願寺さんでの石積の復旧工事のお話です。

近年、境内の石積が亀裂が入ったり、腹んできたり(石が飛び出てきたり)
といったことが
目立ってきました。
これは阪神淡路大震災の時、下から突き上げるような揺れがあり、
その時の小さな亀裂やずれが影響していると思われます。



P1040180s-.jpgP1040610s-.jpgP1040617s-.jpg

     作業前               石積み作業中           完成

既存の石積は取り壊しの際、とても簡単に崩すことができました。
これは石と石との噛み合せがあまく、崩れやすいということです。

そこで職人との話し合いで、できるだけ、噛み合わせを重視した石積に
意識を持って、作業を進めて行きました。




ここで、うちの職人、青ちゃんの 深イイ話 です。


「石積みは、ひとつの石を絶対に動かないように、噛み合せ、
ひとつひとつに気持をこめて積み上げていくんです。
やがて、石積みが完成し、そこには職人の人格が表れるらしいです。」


どうでしょう
完成した石積みには、青ちゃんの妥協を許さない性格が出ているように思うのですが。。。。


最後まで読んで下さって、ありがとうございました。


                      お客様を幸せにする笑顔の庭師

posted by 親方 at 09:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

できるだけシンプルに

いつも、ありがとうございます。

今日は、設計事務所 なづな工房 嶋崎さんとの庭づくりです。http://www.naduna.net/

場所は 川西市水明台  施工期間 3日間(今日完成です)

心掛けた点として、お隣との目隠し、小さな子供さんがのびのびと遊べるスペースなど

そして、将来を考え、植栽の間隔を広めに、見た目もさわやかに

嶋崎さんと松匠と楽しみながら、庭づくりをしてきました。


P1040561s-.jpgP1040565s-.jpg

作業前               アプローチ シホウチクとオタフクナンテン

P1040572s-.jpgP1040575s-.jpg

  家庭菜園 と芝生広場   道路から見たガレージと前庭    


P1040573s-.jpg

  リビングからお隣



以上です。

また、なづな工房さんが、こちらのお宅で、オープンハウスをされます。

日程と場所は後日おしらせします。

お近くの方は是非、見に来てください。


                   お客様を幸せにする笑顔の庭師
posted by 親方 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

アカマツを使っての庭づくり

いつも見に来てくださり、ありがとうございます。

前回は初エステの記事でしたが、今回は2010年、初庭づくりのお話です。

今回のお客様は箕面市にお住まいの方で、ホームページを観られての依頼です。

以前のお庭は、松、マキ、梅、キャラボク、ヒイラギ、ソテツなどの仕立物が
かなりの密度で植わっていたそうです。どうにかしたい・・・

そこでご主人が立ち上がられたのです。
私が伺った時には、ほとんど撤去されていたのです。

お客様のご要望

その1  手間のあまりかからないお庭にしたい

その2  あまりごちゃごちゃと、植えたくない

その3  自然風な和風庭園にしてほしい

そこで、お客様を幸せにする笑顔の庭師の登場です。



雑木と石を使った、イメージスケッチをもって、提案させていただきました。

イメージスケッチs-.jpg


着工から完成(今日)まで、7日間、庭づくりに集中して、とても充実した日々でした。

3日くらい前に、当初予定をしていた雑木だけでは、何か、もの足らなさを感じていました。

そこで、家の職人たちと、話合った結果、アカマツの自然形をチョイスしようということに。。

なかなか、これがみつからない。取引先の材料屋さん2、3軒に問い合わせたところ

やっと、昨日、アカマツの材料屋さんを紹介してもらい、見に行ってイメージどおりの

アカマツと出会いました。

そして、今日、うまくいってくれよ。。。と祈る思いで立て込みました。

うーん、なかなか、いいじゃん。。

この達成感、ワクワク感、庭師になって良かったかも。。。

そんなことを思っています。


P1040418s-.jpg

上が、作業前です。

下が、完成です。


P1040527s-.jpgP1040522s-.jpg

P1040532s-.jpg



                           お客様を幸せにする笑顔の庭師








posted by 親方 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

冬の備え

いつもありがとうございます。

今日は、三重県いなべ市という所まで、剪定と雪吊りに行ってきました。

ここの庭は4年くらい前の、松匠の作品です。
http://www.e-matsusho.co.jp/example_new03.html

施工当時と比べ、庭が落ち着いてきました。
P1040410s-.jpgP1040409s-.jpg

この付近は山がかなり高く、雪も結構、降るときいています。
大阪では雪吊りは絶対しないのですが、年に一度はここにきて、
雪吊りです。
あ〜、今年も、もう終わりやなあ〜。。。


あ、そうそう。
仕事が終わり、名神高速で多賀SAにより、トイレに入ったときのことです。

以前ブログに「ちいさな感謝」という、記事の中で、
清掃員のおばさんに「いつもきれいにしてくれて、ありがとう」と
声に出していきたい、と書いたことがありました。

それをやっと、言うことができました。
 「おばちゃん、いつもありがとう。」

おばちゃんはビックリして、固まっていましたが・・・・・。

私自身も、お客様に「松匠さん、ありがとう」と言われたら
たまらなく、うれしくなります。
それと一緒で、言われた方はすごく、いい気分になると思います。

こんな、ちいさな感謝がどんどん広がれば、ええのになあ〜。。。

今日は、ええ一日やった♪

みなさん、もうそろそろ、冬の支度しなはれや。


                     お客様を幸せにする笑顔の庭師
posted by 親方 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

台風の被害

こんばんは いつもありがとうございます。

今日はこの間、関西を台風18号が通過したときの
植栽への被害についてのお話です。

写真の場所は、私たちが植栽管理をさせていただいているマンションです。

P1040218s-.jpgP1040215s-.jpg

ここの植栽はコニファーが主役です。

レイダンディーヒノキ、ヨーロッパゴールド、スエシカ、ブルーヘブン、スパルタン
などが植栽されています。

コニファーの長所  変化に富んだ色合い、スマートな樹形、
成長の過程で極端に徒長しない、などがあげられます。

コニファーの短所  根の張りが浅く、立ち根をおろさない、
枝、葉が非常に重たくバランスが悪い、要するに倒れ易いということです。

対策として、枝を抜き、透かすことで軽くなります。
そして支柱を見直すということですね。

ここの場合、レイダンディーヒノキは4mくらいで芯を止めて、
毎年、枝を抜いて透かしています。これが少し手間がかかります。
しかし今回、少し傾くくらいで済んでいます。

話は変わりますが、みなさんのお庭に、ゴルドクレストが植わっていませんか?
小さいときはかわいいのですが、10年も経つと、5mくらいになり、おなかはメタボ、
私はこれくらいになると、寿命だと、思っています。

お客様には植え替えをお勧めしています。

お庭を造っても、10年くらいで一度、見直してはいかがでしょうか?
そうすることで、新しい楽しみもできるというものです。


                              お客様を幸せにする笑顔の庭師
posted by 親方 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

いい家といい庭が出来ました

いつも ありがとうございます。

今日は以前にも紹介した、建築家 嶋崎氏とのコラボレーションです。

今回の作品は 枯山水がテーマです。
枯山水といえば、 砂紋ですね。

恥ずかしながら私自身、白河砂は敷きますが、砂紋は描いたことがなかったのです。
そこで、嶋崎氏、施主様、と共に いざ、京都へ・・・・・・・。
まず、東福寺、龍源院、大仙院、龍安寺などを視て歩き、
砂利の大きさ、砂紋の幅、デザインなどを勉強してまいりました。

さぁー それが再現されているか、お楽しみですね。
また、お庭の詳細はホームページでアップしますので、見てください。


P1040321s-.jpgP1040344s-.jpgP1040339s-.jpg

P1040345s-.jpg



                                お客様を幸せにする笑顔の庭師
posted by 親方 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

秋の、のどかな一日

いつもありがとうございます。

 

今日は日曜日で、よく晴れた、いい日でしたね。

おかげ様で、いい仕事ができました。

 

今日のお客様は川西市にある、満願寺さんです。

かれこれ20年以上、お世話になっています。

 

今日は私一人、楽しみながら、モッコクの手入れをしました。

毎年、私がはさみを入れています。


モッコク、アラカシ、高生垣は参道からよく見える、大事な

見せ所なので力が入ります。


 P1040095s-.jpg 


このお庭はかなり広いので、あと一週間くらいかかりそうです。



 
 P1040090s-.jpg



写真は裏庭の縁台の上で、昼寝から、目覚めたときに、
目に入ってきた景色です。 あぁ、気持良かった。。。

なかなか、いいロケーションでしょう?


鳥が鳴き、ミンミンゼミが鳴き、乾いた空気、秋の気配、最高でした。



                   お客様を幸せにする笑顔の庭師 
posted by 親方 at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

ちょっとしたリフォーム


お久しぶりです。
いつも見にきて下さり、ありがとうございます。

今回は、既存の流れの改修工事(ポンプピット設置)に伴いまして、
一部通路もやり変えようというお仕事です。

既存の通路は防草シートを敷いた上に、バークチップを敷き詰める
といった仕上げでした。

現況での問題点は防草シートがうまく水分を通さないのか、いつも湿気ている。
チップの下の防草シートがあちこちで見えて汚らしい。

そこでこの流れをより一層引き立たせるためには、どうしたらいいのか?

それは自然の山道や遊歩道などを思い浮かべて下さい。
そこには川が流れていて、自然の石を敷き詰めた落ち着いた空間があります。
イメージできましたか?

この自然をコピーして、今回のお庭に貼り付けました。
それが下の写真です。

このように石を敷くことで、お庭に風情や深みが増していきます。

ちなみに、このお庭ではいろいろな鳥が水浴びや水を飲みに
きています。


P1040015s-.jpgP1040023s-.jpg


お客様を幸せにする笑顔の庭師
posted by 親方 at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

砂場で遊びたい。

いつも見てくださって、ありがとうございます。

今日のお庭は

家の内部のリフォーム工事に伴って、お庭もリフォームしたいというお仕事です。

1.お庭は少し、和風な感じで

2.花だんのスペースを作ってほしい

3.既存の植木はできるだけ、使ってほしい

4.子供さんを砂場で遊ばせたい

 

「あとは松匠さんの感性でお願いします。」との事でした。

 

まず、写真で見える範囲の植木は、移植と撤去を行い、

次に、芝生の撤去、石組、敷石の据付けです。

この敷石の右側を花だん、左側を芝生と砂場に区切ってみました。

 

将来、子供さんが大きくなり、砂場が必要なくなると、

上のビンコロ石を撤去すれば、すぐに芝生地に復旧できる様に考えました。

 

奥の敷石2枚は、こちらの家が建つ前からあるもので

この石の色目を合わし、全体を白ミカゲ石にしています。

 

あとは、低木、地被類をあっさり目で仕上げます。

 

このお宅で一番喜んでもらえた人物とは

幼稚園児の男の子です。

 

作る前に、下地のブロックを並べて、こちらの少将に見てもらいましたが

「これくらいの大きさかな?」・・・むずかしい顔をしています。

「これくらいでどうかな?」・・・納得したようです。

交渉成立。。。。

 

うちは娘二人でしたが、「男の子もええなぁ」と思いました。

もう、おそいのですが。

 




P1020740s-.jpgP1030468s-.jpg




 お客様を幸せにする笑顔の庭師

posted by 親方 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

竹垣はいいですね。


今日のお宅は
家の改修工事に伴って、玄関周りの竹垣をやり変えて
ほしいという依頼です。

お客様の希望として、「塩ビ製の竹なら、長持ちしそうなので
どうでしょう。」とのことでした。

しかし、私なりに、この庭をイメージしましたが、ここには塩ビ製の竹は
合わないという結論となり、比較的長持ちをする、竹の枝を用いた
枝筏垣(えだいかだがき)左側枝仕切垣(えだしきりがき)右側を
選択し、お客様に説明し、了解を頂きました。

竹垣の完成を見て、思っていた以上の仕上がりに
ご夫婦ともに、とても喜んでいただけました。

あとこれに、外の塀と同じ、和瓦がのると完成です。

やはり、本物の竹を使った庭は、「粋」で落ち着きますね。

             

P1030439s-.jpgP1030444s-.jpg


 お客様を幸せにする笑顔の庭師  
posted by 親方 at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

モミジの透かし剪定

いつもありがとうございます。

今日はモミジの剪定のお話です。


モミジ作業前s-.jpgモミジ作業後s-.jpg

モミジの剪定は私たちでも簡単にはいきません。

よく見かけるのは刈込みバサミで丸くカットするといった仕上がりです。

こういう剪定は仕事は速いかもしれませんが、風情というものがありません。


モミジといえば、風に、さらさらと揺れて、木洩れ日がキラキラしているといった

イメージですね。

できるだけ自然に近い状態を演出したいものです。


また、剪定の時期ですが、今くらいに、手を入れることで、徒長枝も出ずに

きれいな姿を保つことができます。


毎日観るものですから、多少、手間をかけても自然な感じを

楽しんでもらいたいのです。


明日から、雨が続くようですが、雨にも負けずにガンバリます。


                       お客様を幸せにする笑顔の庭師

posted by 親方 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

仮称)庭師の実演つき講演会

平成21年6月14日(日曜日)

いつも来ていただいて、ありがとうございます。

 先日、友人のお宅に用事で行った時のことです。

庭をみると、草花や低木がかなり伸びていて、ちょうどハサミもあったので、どこにハサミを入れたらいいのかなど、説明しながら剪定をしてきました。

 その夜、友人からメールが入っていました。そこには・・・・。

「剪定する鮮やかな手つき、そしてスピード。まさにプロの技を見せていただきました。
好き放題生えていた草木がきれいさっぱり、バランスよく整ったのを見ていて思ったのですが、絶対、実演つきの講演会がいいですよ。」と書いてありました。

 そうなんです。私は以前から、「庭木や草花をどうやって切ったらいいんだろう」
「植木屋さんに頼むほどでもないし自分でできないかなぁ」などと困っている人がいるんじゃないかと考えていました。

また、そんな人向けに、実演つき講演会ができたらどんなに喜ばれるだろうなぁ
思います。

 
時期が来れば、いずれどこかで開催しますので、その時はみなさん、ご参加してください。

 
ありがとうございました。 


                 お客様を幸せにする笑顔の講師
posted by 親方 at 12:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

IN 万博日本庭園

こんばんは   いつもありがとうございます。

今日は万博日本庭園での、銘木の松 20本のみどり摘みのお話です。

6月1日から、作業に入っています。

今日は日本庭園の休園日なので、お世話になっている造園組合の

若い職人さん対象に、松のみどり摘みの講習会がありました。


普通の植木の剪定はなれているけれど、松を手入れすることは
滅多にありません。そうです、絶対数が少ないのです。
しかも、みどり摘みの時期は一年のうち、この一か月しかありません。

若い職人さんにとって、松の手入れの技術を習得することで、職人としてのスキルも
あがり、自信がつくのでは、と思います。

朝、どの枝を切ろうかと、迷っていた人でも、夕方には
うまくハサミを運んでいました。

みなさん、今日は一日、ご苦労様でした。

              笑顔の庭師   岩崎 勇



P1030406s-.jpg

P1030381s-.jpg

posted by 親方 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。