2008年05月31日

今が旬です。

 何が旬かと申しますと、松のみどり摘みが最適期をむかえます。

毎年、5月中旬〜6月中、下旬にかけて作業を行います。

 昨日はHPの施工事例にあります三重県の工場まで行ってきました。

下の写真を見て、みなさんはどうおもわれますか?

“松匠さん、それだけ切っても大丈夫?” どんだけ〜

それが大丈夫なんです。

この時期に剪定すると、1週間くらいで新しい芽が出てきます。

この芽が8月下旬位まで成長し、葉の長さが4〜5cm位でとまります。

これで葉の短い松の出来上がりです。

※6月3日から10日位まで、万博の日本庭園で名木といわれる大きな松の

みどり摘みの作業にはいります。

一度、ライブの松匠を見学に来られてはいかがですか。

また、日本庭園ではショウブも見どころをむかえます





P1020559.JPGP1020566.JPGP1020564.JPG


                                     see  you
posted by 親方 at 07:32| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。