2013年06月26日

アラカシの低生垣


image-20130625222040.png



image-20130625222058.png





満願寺さんのサツキと低生垣の剪定

アラカシは両手鋏、サツキは広範囲のためバリカンを使用



アラカシの低生垣は植栽してから20年近く経ちますが形はほとんど変わっていません。

このように昔からある庭木は長い歴史の中でほぼ同じ大きさ、形を維持出来るものが選択されています。

また、近年の庭木としてシマトネリコやゴールドクレストなどを植栽されていますが、観賞できるのは10年くらいであとは目ざわりになってきたり、成長が早いため倒壊や周囲の構造物を押し上げるといった例が多く見られます。

やはり庭づくりの際に10年を一つの区切りとして模様替えも考慮しておく必要があると思います。












posted by 親方 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367543842

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。