2013年03月16日

満願寺モミジ樹勢回復

今日は満願寺さんの参道にあるモミジの根系改良作業です。樹木医の宗實氏の指導の下、進めていきます。


このモミジは主幹が3本であり秋には人を感動させる程、この参道には無くてはならない存在です。
近年3本の内1本が枯死し、院主様が非常に心配されていました。

そばには幅30cm深さ50cmのせせらぎが常に流れている。という事はモミジの下にはこの停滞水があると考えられる。

まず表面のコンクリートを取り除くと土の表面近くに根が集中しており、これをエアースコップ(根を痛めることはありません)でほぐして掘り進めます。

IMG_2736.jpg       IMG_2738.jpg  


すると深さ40cm位で青い土が出てきた、これはグライ層といい停滞水により土が酸欠状態になった土のことを言います。この層では根腐れを生じ根は上へと伸びていきます。
現況の土は固く、粘土質やカワラ、黒い灰が混ざり、その下はグライ層といった具合です。

土壌改良は2m×50cmの溝を2方向に施工し
あとは砂利を敷きならし仕上がりです。

一年後、経過を報告します。



image-20130316202321.png
posted by 親方 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹勢回復 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。