2010年05月23日

松のみどり摘み、一年後

いつもありがとうございます。

情熱の造園士  岩崎 勇です。 (こんなキャッチフレーズはどうでしょう?)


さて、今日は昨年、自身のブログで「松のみどり摘み解禁」で紹介した、

作庭家の重森三玲先生の作品で尼崎市のA邸の一年後です。


昨年から松匠がA様から引き継ぎ、松のみどり摘みをさせていただいています。

昨年は松が痛まない程度に不要な枝を透かしたのですが、透かしきれていない分を

今年も引き続き、透かしていきました。

これで来年は安定してくると思われます。

P1030331s-.jpgP1050105s-.jpgP1050122s-.jpg

   昨年 作業前             今年 作業前          今年 作業後




P1050107s-.jpgP1050115s-.jpg

   今年 作業前           今年 作業後


この庭に来ると、昨年と同様、気持ちが引き締まります。

また、ここに植えられている松のほとんどが、淡路島の海岸沿いの荒々しい環境で

育った松なので、私たちプロが見ても、「ええなあ。。ほしいなあ。。」と思うくらいの逸品です。


A様、ありがとうございました。来年も松匠をどうかよろしくお願いいたします。

また、いつもブログを見に来て下さっている皆様、ありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いいたします。



お客様を幸せにする情熱の造園士  岩崎 勇

posted by 親方 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。