2009年02月13日

生涯現役 そんな親父

こんばんは   庭師の下手な話を、見に来て下さり、ありがとうございます。

今日は、私の親父について、お話をします。
親父は、今、78歳になります。いまだに現役で高い松にも登り、ロープを張って枝先まで、
出ていきます。

外から見れば、もういい歳なんだから、家でゆっくりと、余生を過ごせばいいのに、
という声が聞こえてきそうですが、本人は昔から仕事が好きなんです。
「植物で何が好き」と聞いたとすれば、答えは100%、松、しかないと思います。

そう。
親父は本当に好きなことを、仕事にしているんです。

だから。
いつまでも、健康で、現役を続けられているんだと、思います。

まあ、年々体力は衰えてはいますが、私はあえて、
「落ちたら、あぶないから、やめとこか」とは言いません。

自分のことは、自分が良く知っているし、親父の唯一の楽しみを
取る権利なんて、私にはないからです。

私は、以前にもまして、こんな親父を誇りに思えるのです。

私もいずれ、そんな親父になっているのでしょうか?


              お客様を幸せにする笑顔の庭師   岩崎 勇
posted by 親方 at 18:58| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。