2011年03月31日

松匠の庭 改造中その3

おまたせしました。 和風カフェ matsushow が プレオープン??

いよいよ、松匠の庭が完成です。


ViP_8001s-.jpg               ViP_8003s-.jpg

自宅の座敷からの眺め                南側から高さ4mからの構図

この庭の導線を考えるにあたって、普通であれば、門を入って玄関までと導くのですが
あえて、門を入ってすぐのところからの出入りを可能にしました。

これによって、お客様も住む側も、庭をあらゆる角度から楽しめるのです。

座敷からの眺めで、非常に近い位置にモミジを配し、
その先に雪見灯ろうを据えることで遠近感を感じて頂けるように工夫をしています。

ViP_8008s-.jpg

松と灯ろう

この灯ろうには、「天保十五年辰七月」と記されており、これが本物なら、
西暦1844年ですから167年前に造られたものとなります。

このように時代を取り入れることで、庭に風情、重みをもたらしてくれるのが
日本庭園の醍醐味ではないでしょうか。


株式会社 松匠  岩崎




posted by 親方 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。