2011年03月31日

松匠の庭 改造中その3

おまたせしました。 和風カフェ matsushow が プレオープン??

いよいよ、松匠の庭が完成です。


ViP_8001s-.jpg               ViP_8003s-.jpg

自宅の座敷からの眺め                南側から高さ4mからの構図

この庭の導線を考えるにあたって、普通であれば、門を入って玄関までと導くのですが
あえて、門を入ってすぐのところからの出入りを可能にしました。

これによって、お客様も住む側も、庭をあらゆる角度から楽しめるのです。

座敷からの眺めで、非常に近い位置にモミジを配し、
その先に雪見灯ろうを据えることで遠近感を感じて頂けるように工夫をしています。

ViP_8008s-.jpg

松と灯ろう

この灯ろうには、「天保十五年辰七月」と記されており、これが本物なら、
西暦1844年ですから167年前に造られたものとなります。

このように時代を取り入れることで、庭に風情、重みをもたらしてくれるのが
日本庭園の醍醐味ではないでしょうか。


株式会社 松匠  岩崎


posted by 親方 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

松匠の庭 改造中その2

いつもありがとうございます。
松匠の庭の途中経過を報告します。

下の写真は50年前、私の祖父が淡路島の海岸沿いの山で、仕入れた松です。
ちょうど崖から這うように垂れ下がり、幹の曲がりも絶品です。
このように実際に自然の厳しい環境で育った松や石といった素材を使うことで、
日本庭園は自然をよりリアルに表現することができるのです。

P1050361.JPG

次に延段と立ちつくばいです。
石の選別から据付まで、何度も視点を変え慎重に据付ます。
やり変えはできないのですから。。

DSC00931.JPGDSC00933.JPG

さあ、次回はいよいよ終盤です。

もうすぐ春ですね、今、サンシュの黄色い花が、とてもきれいです。
外に出て、探してみてください。

株式会社 松匠  岩崎
posted by 親方 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

松匠の庭 改造中その1

最近は仕事の合間を使って、自宅前の小さな庭を改造しています。

私が小3、妹が幼稚園、兄弟で撮った40年前の写真です。
万博の年ですから、植木が良く売れた時代なので、所狭しと植木が植わっています。
写真で二人が座っている石、後ろの雪見灯ろう、クロマツは今回配置換えして使っています。


IMG.jpg

今回の庭は 基本的には、4本あったクロマツを2本を入れ替え、残り2本を配置換え、石は配置換えして

クロマツと石を使ったシンプルな庭にと考えています。

DSC00713.JPG DSC00726.JPG DSC00812.JPG

やはり松匠の庭には、私好みの出雲地方の松を主に据えました。

続きは次回報告します。ありがとうございました。



株式会社 松匠  岩崎
posted by 親方 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭づくりとお手入れ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。